『これで妊娠しないよな?』コンドームを裏表逆につけようとしてしまい、不安な事態に【医師監修】

『これで妊娠しないよな?』コンドームを裏表逆につけようとしてしまい、不安な事態に【医師監修】

コンドームは、避妊や性感染症を防ぐのにとても大切なもの。

しかし、中にはつけ方がわからず不安になってしまう方も。

そこで今回のMOREDOORでは、「コンドームの使用で混乱したエピソード」をご紹介します。

監修:森女性クリニック院長、森久仁子
産婦人科専門医、医学博士。大阪医科大学を卒業後、同大学産婦人科学講座に入局、同大学産婦人科学講座助教、和歌山労災病院をへて、平成25年和歌山市に森女性クリニックを開院。産婦人科としての枠組みだけではなく、女性医療の充実を目指すべく診療を行っている。

森女性クリニック



Cさんの場合……

若い頃、まだコンドームの使用に慣れていないときのことです。

裏表逆につけようとしてしまい、うまく装着できませんでした。

また、相手側に自分のものが少し触れてしまっているので、ビクビクしながら使用しました。

「これで妊娠しないよな」と不安を覚えながら使用しました。

性教育にどんなことを期待しますか?

日本は性に対して非常にクローズな風潮があるので、もう少しオープンに語れる場や、コミュニティがあるといいと思います。

学校や教育機関で、もっと踏み込んだ教育を行ってもいいと思います。

(43歳/会社員)

正しい性教育を……

コンドームを裏表逆につけてしまい、うまく装着できなかったというエピソード。

GMW医学検査研究所のサイトには、コンドームの正しいつけ方が記載されています。
焦らないためにも、事前に調べて正しい知識を身につけておくとよいでしょう。

コンドームの正しいつけ方(GMW医学検査研究所)

皆さんも、コンドームの使用で混乱した経験はありませんか?


※監修:森女性クリニック院長、森久仁子
※この記事は編集部に寄せられた実話ですが、すべての方が当てはまるとは限りません。
必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。
(MOREDOOR編集部)