【結婚式を挙げたい新婦VS興味のない新郎】元ウエディングプランナーが考えるパートナーへの寄り添い方とは

【結婚式を挙げたい新婦VS興味のない新郎】元ウエディングプランナーが考えるパートナーへの寄り添い方とは

結婚をしたら、結婚式をするのが当たり前……?
華やかな結婚式に理想を抱く方もいる一方、あまり興味のない方もいるそうです。

既婚の方の9割が結婚式に満足していますが、未婚の方の8割は「結婚式を挙げなくてよい」という意見を持つ現代社会(PRTIMESより引用)。
大切なパートナーと価値観をすり合わせ、お互いが納得する形を取っていきたいものですよね。

PRTIMES>>

具体的に、結婚式に対し世の中のカップルたちはどのような悩みや課題を抱えているのでしょうか?
今回は、結婚式にまつわる実体験に基づいたお悩みの紹介と、元ウエディングプランナーさんが考える悩みの解消法についてご紹介します!

結婚式を挙げたい新婦VSまるで興味のない新郎……


同棲して2年が経つカップルです。
来年入籍することは決まっているのですが、結婚式についての話し合いが進展しません……。

新婦と家族は結婚式を強く願っていますが、新郎はまるで興味がない状態で……。
結婚式に関する話し合いをどのように進めていいのかわからないです。

(27歳/女性)

元ウエディングプランナーはこの悩みをどう見る?

多くのカップルの挙式までの歩みを見てきた方は、このお悩みをどう見るのでしょうか。
今回は、LINEでできる式場探し「トキハナ」の元ウエディングプランナーさんに話を聞きました。

ーーカップルのお悩みをどう感じましたか?


元ウエディングプランナー:関心をもってくれないと寂しい気持ちになりますよね。
強引に進めても気持ちのすれ違いが生じてしまう事があるので、まずは新郎様になぜ結婚式に興味がないのかを聞いてみてはいかがでしょうか。

仮に否定的な意見の場合は、金銭面やスケジュール、ゲストに関わる事など、何かしらの理由があると思います。
理由さえわかれば新郎様が前向きになれる結婚式のスタイルもきっとあるはずなので、まずはなぜ関心がないのか話し合ってみるところから始めてみるとよいかもしれません。

パートナーの本音を

結婚式への想いは多種多様です。
パートナーの意見の背景には、なんらかの理由があるはず。
本音を知るために向き合ってみることは、今後の結婚生活においても大事なこと。
お互いが納得のいく結婚式を迎えられますように!


◎トキハナさんのInstagram
◎トキハナさんのTwitter
◎トキハナさんのTikTok

(MOREDOOR編集部)

トキハナ │ LINEでできる式場探し

トキハナ │ LINEでできる式場探し

LINEでできる式場探しサービス。元ウエディングプランナーが夜22時まで何でもお答えします。

結婚情報誌ではわからないリアルな見積もりや式場の評判をお伝えし、様々な診断でこだわりに合わせた式場もご提案。

提携式場は厳選されていて、即決不要の最低価格保証・持込み自由・見積もりチェックなどの独自サービスが人気。よくある式場選びの失敗を回避できます。

LINEで相談できる式場探し 満足度No.1。