『1ヶ月に一度』なら許す!?束縛するパートナーに友人と会うことを伝えた結果

『1ヶ月に一度』なら許す!?束縛するパートナーに友人と会うことを伝えた結果

友人関係についてパートナーの言動に悩んだことはありませんか?
中には、友人と会うことをパートナーに許してもらえずトラブルになったという方も……。

今回のMOREDOORでは、交際2ヶ月目になるIさんにインタビューを実施。
Iさんが友人関係について束縛してくるパートナーに悩んだエピソードと、夫婦関係の専門家カップルセラピストからの意見をご紹介します。

※当事者の声はさまざまです。あくまで一例として、考えるキッカケになれば幸いです。

Iさんの悩みとは?

カップルセラピストからの言葉

お互いを尊重し合う関係づくり

友人に会おうとすると、パートナーから別れ話をされ悩んでいたIさん。
「あなたも友人も大事」ということを伝えたものの、1ヶ月に一度という条件付きとなってしまいました。

吉田さんのお話の中にもあったように、どちらかの価値観を押し付けるのではなく、お互いに尊重し合う関係を築くことが、うまく付き合っていく第一歩になることもあるでしょう。

みなさんは、この記事を読んでどのように感じましたか?

監修・コメント:吉田 亜里咲 (よしだ ありさ)
臨床心理士・公認心理師、COBEYAセラピスト。
2016年鳴門教育大学大学院修了。
スクールカウンセラー、心療内科、就労支援を経て、2021年よりカナダで依存症ケアを学ぶ傍ら、発達障害児の訪問支援に従事。2023年に帰国後COBEYAにカップルセラピストとして参画。日本人カップルをはじめ、英語を母国語とする異文化・国際カップルの課題解決をサポート。

(MOREDOOR編集部)