【保育園で】女の子「今日のおやつ、蒸しパンなんだって」次の瞬間、男子たちの会話に…→先生「思わず笑ってしまった」

【保育園で】女の子「今日のおやつ、蒸しパンなんだって」次の瞬間、男子たちの会話に…→先生「思わず笑ってしまった」

保育園では日々、子どもたちがさまざまな可愛い姿を見せてくれます。
ときには、彼らの無邪気な発想に思わず笑顔になることも。

今回MOREDOORでは、子どもの可愛い言い間違いエピソードをご紹介します。

※当事者の声はさまざまです。あくまで一例として、ご参考にして頂ければ幸いです。

54歳、Fさんの場合

保育園での出来事です。
毎日3時のおやつは何かなと楽しみにしている子どもたち。

おしゃべりに耳を傾けていると「今日のおやつは蒸しパンなんだって」と当番の女の子がメニューを発表していました。

それを聞いた男の子が「それじゃあ、給食の先生、大変だね。お庭でムシをたくさん捕まえなくちゃいけないもんね」と元気に話しました。

さらに他の男の子が「えー!それじゃあ、さっきお庭で見たダンゴムシはおやつのだんごにされちゃうの?」と驚いた顔で言ってきました。

しばらくの沈黙のあと、しっかりものの女の子が「その虫じゃないって。ダンゴムシがおやつになったら困るでしょ!」ときっぱり。

「ダンゴムシがおやつにならなくてよかった」と、丸く収まりつつも男の子たちは「ムシパン、ムシパン、ダンゴムシパン」とまだ虫入りパンを期待しているようでした。

このやりとりに思わず笑ってしまいました。

その状況をどう思いましたか?

言葉を覚えている途中の子どもたちは感性は豊かだなと思いました。

知っていることと聞いた言葉をまっすぐに結びつけるから間違いもあるけれど新鮮な気づきがあります。
間違いを訂正するだけではなく、子どもらしい豊かな発想にも共感して一緒に楽しみたいです。

(54歳/保育士)

可愛い言い間違いに……

保育園でのおやつの話題から、子どもたちの言葉遊びや想像力の豊かさに思わず笑顔になったFさん。
子どもの自由な発想は、本当に可愛くて楽しいですよね。

皆さんは、子どもの言い間違いに笑顔になった経験はありますか?


※この記事は実際に募集したエピソードを記事化しています。